中高年に多い加齢臭の悩み|専用の石鹸で臭いを除去

原因にあった対策

手が頬に触れている女性

思春期ニキビとの違い

基本、赤いニキビができている部分は触らず潰さないことが大切で、ニキビ跡になってしまうことで治りづらくなります。また、酸化しやすくなるメイクを控えることや、メイクオフでは皮脂の洗い過ぎに注意しながらも清潔に保つことが悪化させないポイントです。特に大人ニキビはホルモンバランスの乱れが要因となり、皮脂分泌も過剰に反応してしまいます。ここでの注意点として、思春期のオイリー肌とは異なる脂質性肌である点で、思春期ニキビに特化した化粧品を使うことによっては皮脂を取り過ぎてしまいやすく、ホルモン分泌が低下している大人肌には逆効果となり、乾燥や刺激肌へと肌変化しやすくなります。万が一、ニキビ跡や赤みをカバーしたい場合、イエロー系のUVケアまでできる下地クリームを用いることで赤みや跡を抑えられます。

予防やカバーする

規則正しいライフスタイルやスキンケアを意識することによって、刺激に敏感な肌質を改善させられるため、美肌づくりは注目されています。しかしながら、大人ニキビを改善させるには乾燥や紫外線などの刺激から肌を守ることも重要となり、赤みやニキビにはカバー力のあるコスメが注目されています。特に色素沈着したシミ跡は老けた印象に見えやすいため、コンシーラーを用いることも提案されています。また、カバーできないニキビ跡に悩む大人女子も意外と多く、薬用となる化粧下地が提案されはじめています。下地を塗布することで赤みなどの肌荒れまでが予防できる内容で、ニキビ跡や色素沈着によるシミなどは放置せずにケアやカバーは必須です。近年、ニキビ肌専用となる下地やコスメなど、大人女子が取り入れられるシリーズも話題を集めています。