コスモウォーター アース線 設置

コスモウォーターのアース線って必要?設置した方が良い理由とは

 

 

コスモウォーターに限らずですが、通常ウォーターサーバーにはアース線が付いて届きます。
ですが、アース線って必ず設置しなければならないかと言えば実はそうでもなかったりします。

 

 

ここでは、コスモウォーターにアース線を設置することでのメリットとデメリットについて
詳しく解説していこうと思います。

 

 

コスモウォーターアース線の設置メリット・デメリット

 

コスモウォーターのアース線を接続しなければどのような問題点が起こるのか。
そもそもアース線って何なのか?どんな意味があるのか?
その辺について少しお話ししていきますね。

 

 

アース線を設置する場所ですが、
だいたいは、2つ穴差し込み口の下の部分(赤丸の所)にあります。

 

 

 

 

 

 

 

■アース線の役割

 

アース線は接続することによって感電の危険を少なくしてくれます。
電化製品が漏電したり、誤って触ってしまったときに感電しないように
電流がアース線に流れるような仕組みになっていますが、
100%感電を防止できるということではありません。

 

 

アース線設置のメリット

・水漏れや故障などで漏電した際に感電を防いでくれる
・漏電した時はブレーカーが動作して電源を遮断する
・感電した時、人体へ流れる電流の量が抑えられる

 

コスモウォーターのアース線設置しない場合のデメリット

・できるだけボトル交換の時はコンセントを抜く
・コンセントや電源ケーブルを持った時に熱くないか確認が必要

 

 

コンセントにアース端子がない場合の対処法

 

 

ウォーターサーバーを設置する付近にアース線を接続できるコンセントがない場合、
または、コンセントのアース端子を接続する部分がすでに他の電化製品のアース線などで
使われてる時はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

コンセントにアース端子がない場合

 

・ホームセンターなどで売っているアース棒を使って設置する
・電気屋さんに頼んでアース線を付けてもらう(工事費5000〜1万円位)

 

 

ウォーターサーバーの設置場所からアース端子が付いてる
コンセントの所まで遠い場合は、アースコードを延長することもできます。
アース線はホームセンターなどで、1mで100円位で扱ってます。

 

 

延長コードやタコ足配線は、定格容量を超えて発熱して発火する危険が高くなるのでおすすめできません。

 

 

ウォーターサーバーのアース線を設置しなくても、
特に問題がないなどの口コミもあるようですが自己責任になります。

 

 

コスモウォーターの取扱説明書には「コンセントのアース端子部分には確実に接続してくださいと」説明書きされてるので、やはり安全に使うのであれば、二重の安全策と捉えてそのようにした方が良いでしょう。