コスモウォーター 安全性

コスモウォーターの安全性って?雑菌対策に徹底したサーバー

 

コスモウォーターは乳児にも安心して使えるウォーターサーバーと定評がありますが、
果たして安全性の部分はどうなんでしょう?

 

 

通常、ウォーターサーバーの冷水タンクの中やボトルの中には外気が取り込まれるので、
その度に雑菌やカビ菌などが混入し菌が繁殖する原因となります。

 

 

これではいくら良いお水であっても、そのお水に雑菌が混ざったり
タンクやボトルの中で菌が増えてしまっては全く意味がありません。

 

 

雑菌繁殖を防ぐクリーンエアシステム

 

コスモウォーターではクリーンエアシステムと言う独自のシステムで、
サーバーから冷水タンクに取り込む空気を、クリーンにしてくれるシステムになっています。

 

 

 

常温でもクリーンな状態を保つワンウェイシステム

 

次にボトルですが、コスモウォーターではワンウェイシステムと言って、
お水が減っても、ボトルの中に空気を取り込まずにボトルだけが縮んでいくようになってるんですね。
ですので、雑菌の繁殖を防いでくれるので衛生面でも非常に優れた仕様になっています。

 

 

 

このように、コスモウォーターはボトルとタンクの両方が限りなく無菌状態に保つことができ、まさに安全性に特化した作りになっているのです。

 

 

コスモウォーターのボトルは安全性に優れている

 

コスモウォーター以外のウォーターサーバーのボトルには、有害が懸念されているビスフェノールAを含むガロンボトルを使っている所もありますが、
コスモウォーターは安全性の高いボトルで天然水を提供したいと言う想いから、ペット樹脂ボトルを採用しています。

 

 

ビスフェノールAとは何か?

 

ビスフェノールAは、プラスチックの原料である

ポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂などの
プラスチックの原料となる物質のことをいいます。

 

 

カップラーメンの容器、缶詰め、ペットボトルなどに使われていて加熱や紫外線などにより容器からビスフェノールAが溶け出して食品に影響を与えると言うものです。

 

 

このビスフェノールAが体内に入ると体内分泌の異常が起こり
人体に悪影響を及ぼすため大変懸念されています。

 

 

また、容器のガロンボトルは、使用後に回収されるまで置く場所がとられますが、
コスモウォーターのボトルはリサイクル資源ゴミとして処分することができるので
ゴミも溜らずに済むので良いですね。